社会福祉法人恩賜財団済生会 松山特別養護老人ホーム

当施設職員における新型コロナウウイルス感染者の発生について(第2報)

令和3年9月4日(土)、職員1名がPCR検査にて新型コロナウイルスに感染が判明したことについて、経過報告いたします。
新型コロナウイルス感染拡大への対策として、松山市保健所による市内の特養施設職員を対象にPCR検査が行われ、当施設職員に対するPCR検査の結果、9月4日、特養勤務職員1名から新型コロナウイルス感染が判明いたしました。
ただちに松山市保健所の指導のもと特養施設内の消毒を実施し、感染拡大防止対策を講じております。
さらに松山市保健所の指示により、入所者様全員のPCR検査を実施し、9月7日、入所者様全員の陰性を確認いたしました。
引き続き、入所者様および職員の経過観察を行いながら、感染防止対策に努めてまいります。
このほどは、多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

施設長 山崎 準平